FPの試験に必要な勉強時間とは?

FPの試験に合格するために必要な勉強時間は、
最低300時間と言われています。

 

しかし、難易度が高まってきている現代では、
500時間以上は必要であるという方もおります。

 

また、資格は年齢・学歴に関係なく取得できるため、
1,000時間以上は学習が必要となる方もおります。

 

現在において士業として活躍している方は、
資格取得の勉強のコツが分かっておりますから、300時間未満で合格することも可能です。

 

FPの強みは、お金に関する専門家として独立できることです。
士業とは異なりますが、それに近い職業形態となっております。
ローン、資産運用、保険、税金などのお金に関する知識を総合的に学べるため、
自分に対してもメリットが大きな資格だと言えます。

 

資格には民間資格(CFP、AFP)、
国家資格(ファイナンシャル・プランニング技能士1級・2級・3級)があります。

 

国家資格である「ファイナンシャル・プランニング技能士」は、
実力を示すために最も有効なものです。

 

勉強時間は1級で500時間程度、2級で300時間程度、
3級で100時間未満となっています。

 

一番難しい1級でも、他の国家資格よりは難易度が低く、
少ない勉強時間で合格することが可能です。

メニュー

最新記事